シャドバの話

シャドバ2弾環境ざっくりまとめその1

今回はトップティアのエルフ・ビショップあたりをざっくり。
自分用メモですけど参考になれば参考にしちゃってください。

かなり長いので注意。

【要注意デッキ&カード】
■ビショップ
疾走ビショップが安くて強いので低ランクでよく見る。
ちなみに高ランクでもよく見る。
環境トップのヘイトの集まりをしてる。
1弾環境の時から陽光サタン使ってた身とすれば
なかなか複雑な気持ち。

今回は
・疾走ビショップ
・エイラビショップ
・セラフビショップ
の3つを紹介。

●対策
・疾走ビショップ
高耐久守護で止まります。
ウィッチで氷像の召喚とかされると
本当にやることがないくらいに守護でとまります。
速攻に寄せすぎて<テミスの審判>積んでないことも多々あるので
結構強気に攻めて大丈夫。

・エイラビショップ
エイラを割ろう。以上だ!!!
あと成長前にフォロワーを焼き切るとやることがなくなる。
倒しきるか割るかすれば大体大丈夫

くそみたいに回復するのでヴァンプは絶望的に不利。

・セラフビショップ
俗に言うウィジャ盤。本家より使いやすい。
8ターン目に<封じられし熾天使>を置かれたら次のターン死を覚悟しよう。
エクスキューションじゃカウント進めるだけなのでおでん入れるかその前に焼き切ろう。

●要注意カード紹介
<鉄槌の僧侶>
悪行おじさん。
除外ビームでフォロワーをバリバリ飛ばすぞ!
ビショップのカードで嫌われ筆頭。
やってることはドラゴンウォーリアとほぼ同じだけど許してはいけない。

<天空の守護者・ガルラ>
疾走ビショップのキーカード
こいつ自身にもバーン効果あるので即効性が高い。
ただ引けない事が多いので体感そんな強くないように感じる

<テミスの審判>
シャドバ版ブラックホール。
DMでいうアポカリプス・デイ。
1:n交換が約束されたくそカードオブくそカード。
展開の遅いビショップだからこのカードに頼りまくってる感isある
そんくらいには警戒したいカード。
5ターン目に悪行おじさんで間引きされたら次のターン飛んでくると思った方がいい。

<詠唱:獣姫の呼び声>
成功したら2コスで総合スタッツが6/5とかいうアドの塊。
凶悪なんでどんどん置いていこうな

<守護の陽光>
置かれると結構しんどい。
最近はあまり見なくなったけどあったらあったで
悪行おじさんが1:3交換できるようになる。
<エイラの祈祷>
エイラビショップのキーカード。これ2枚置かれると
ラビットヒーラーとかヒーリングエンジェルすら致死量になる。
正直調整ミスってると思うくらいには超強い。
■エルフ
冥府エルフ・テンポエルフはカードが8割がた共通なのでデッキタイプの説明は省略。

メイジ→ティア→シンシアの流れで盤面取って
リノセウスで轢いたり冥府置いたりする流れが死ぬほど強い。
どんなデッキ相手でも大体は柔軟に対応できる。

高ランクになればなるほど使用プレイヤーが増えるアレ。

●対策
何も考えずエンジェルバレッジ突っ込め
●要注意カード紹介
<ベビーエルフ・メイ>
よく分からんけど理不尽に強く感じる。
手札に戻るなやめろ。

<リノセウス>
PPが7以上で守護がいないときは大体こいつに轢き殺される。
フェアリー→フェアリー→リノ(1回目)→導きでバウンス→リノ(2回目 進化あり)
とかされるとそれだけで3+7で10点ダメージもらえる。
後述する<エルフプリンセスメイジ>でフェアリーを0コスで二枚握られてたら
もれなくもう+4点ダメージなので死ぬ。控えめに死ぬ。

<エルフの少女・リザ>
ウィッチ絶対に殺させないマン
対策で入ってるエンジェルバレッジを1ターン遅らせるので有能。

<エンシェントエルフ>
エルフで多分一番強いカード。
3コス2/3 守護
とかいう基本スペックで既に強いのに
バウンスした枚数+1/+1とかすげーこと書いてる。
3ターン目に2枚バウンスしてだしたら
進化権消費orカード2枚以上との交換が確定する。
後半引いても4枚バウンスで6/7守護(進化するとおもうので大体は8/9守護)
とかいう化けもんになるので腐ることはないとかいうクソ。

<エルフプリンセスメイジ>
テンポエルフたる所以そのいち。
後攻有利とか言われる原因。

<クリスタリアプリンセス・ティア>
テンポエルフたる所以そのに。
使いまわすと毎ターン6/6守護が殴ってくるので相手は困惑。
2弾で大当たりカードトップ3に入ると思うくらいはつよい。

<エルフナイト・シンシア>
テンポエルフたる所以そのさん。
出し得。純粋に強い。
とりあえずこんな感じ

次回はウィッチとロイヤルあたり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください