角館いってきたよって話

タイトルの通り。目的は伊藤ってラーメン屋と温泉。

うわさに聞いてた通り普通に民家でしかも誰もいなかったので
ほんとにここラーメン売ってんの???ってなったよね。

実際中に入ってみると店長と我々のみ。
入って第一声「どっからきたん?」って超秋田弁で話しかけられるのでした。

※こっから先は秋田弁が強烈なので一部和訳しています。
店長「どっからきたん?」
わし「あっえっとアk
店長「アキタでしょ?市内ってどこのラーメン屋いくん?桜木屋?」
わし「いや、あそこは飽きたというか・・・混んでるからいやだというk」
店長「他に煮干しの店とかあるでしょ?店の中にはいって煮干しのラーメンだってわかるようだったら失敗だよ」
わし「?????」

まぁそんな感じで一方通行の会話を強烈な秋田弁による洗礼を受けるのでした。

んで、出てきたのはこちら。
dsc_0029

うまい。
確かに超うまい。

たしかにこれは何味かわからんけどちょううまい。
目の前に置かれた一発目に食欲がそそられる。
麺もかみ切るとパツンって切れるようなコシ。

うまい。

そのあとノリと勢いでパスタの国から武家屋敷に。

dsc_0031
dsc_0036

そのあと温泉行って帰ってきた。よかったです(こなみ)dsc_0054

ちなこの牛乳はうまいよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください